facebookでリンクをシェア google+ このエントリーをはてなブックマークに追加欲しいお薬をリクエストするフォーム
成分・商品名・薬効の一部等から検索できます!

抗血小板薬・血栓予防薬

血栓とは

血管の中にできる血のかたまりのことで、破れた血管を修復して止血するために不可欠。健康な人なら血栓をつくるはたらきとそれを溶かすはたらきのバランスがとれているが、加齢などにより溶かすはたらきが衰えると、血栓症にかかりやすくなる。この血栓が心臓の血管をふさぐと心筋梗塞脳の血管をふさぐと脳梗塞が起こる。

静脈血栓症とは

静脈の中に血の塊(静脈血栓)ができる症状を指します。足や下腹部の静脈に血栓ができる病気を「深部静脈血栓症」と呼び、この静脈血栓が血液の流れに乗って肺に到着して肺の血管を詰めてしまう病気を「急性肺血栓塞栓症」と呼びます。これらの2つの病気をまとめて「静脈血栓塞栓症」と呼びます。
ある程度以上の大きさの血栓が肺動脈を閉塞すると突然呼吸困難が生じ、血液の酸素濃度が低下します。血栓が非常に大きなものであった場合は血液が全く流れなくなり、失神やショックを引き起こし重篤な状態に至るものもあります。全身倦怠感、不安感、動悸、冷や汗などの症状が出現することもあります。

静脈血栓ができる原因

静脈の血管が傷ついたために血液が固まること

長時間同じ姿勢を保ったために足の静脈の流れが滞ること
手術後の療養中に身体を動かさないことが原因で血栓ができることがあります。また、近年よく知られるようになったのがエコノミークラス症候群で、急性肺血栓塞栓症のうち、長時間の飛行機旅が原因で血栓が発生したものがこれにあたります。

血液が固まりやすい体質

血栓の治療法

症状が軽い場合には、薬物によって血栓を溶かしたり血液を固まりにくくします。一方、症状が重く、急を要する場合にはカテーテル治療や肺動脈血栓摘除術によって直接血栓を取り除きます。

静脈血栓症の予防

静脈血栓症の予防には、運動、マッサージ、弾性ストッキングの使用などによって血栓の形成を防ぐことが重要です。また、エコノミークラス症候群の予防には飛行中の充分な水分摂取、足を上下に動かす運動などが有効です。

抗血小板薬・血栓予防薬の種類、医薬品一覧

成分・容量を必ずお確かめの上ご利用下さい。

アスピリン アスピリン81mg Aspirin
抗血小板薬・血栓予防薬、狭心症治療、心筋梗塞、脳卒中(脳梗塞)、循環器病、肺高血圧症・肺動脈高血圧症、腎臓病
アスピリン81mg
aspirin81mg
H019  60錠   1,800円(送料無料)
プラビックス錠75mg プラビックス錠75mg PLAVIX
抗血小板薬・血栓予防薬、脳卒中(脳梗塞)、循環器病、動脈硬化、腰部脊柱管狭窄症、痛風、狭心症、関節リウマチ
硫酸クロピドグレル75mg
clopidogrel75mg
H020  14錠   7,500円(送料無料)
プレタール錠50mg プレタール錠50mg PLETAAL
抗血小板薬・血栓予防薬、脳卒中(脳梗塞)、循環器病
シロスタゾール50mg
cilostazol50mg
H021  6シート(60錠)   7,300円(送料無料)
トレンタール錠400mg(ペントキシフィリン) トレンタール錠400mg(ペントキシフィリン) TRENTAL400mg
抗血小板薬・血栓予防薬、脳卒中(脳梗塞)、動脈硬化、循環器病、めまい・しびれ、糖尿病、不妊症・不妊治療
ペントキシフィリン400mg
Pentoxifyline400mg
H078  3シート(30錠)   4,500円(送料無料)

抗血小板薬・血栓予防薬関連疾患

症状がそっくりだけど原因や治療方法が異なる病気。併発しやすい症状など。

抗血小板薬・血栓予防薬の服用方法・薬効・副作用について

当店のサービスは、お客様の抗血小板薬・血栓予防薬の個人輸入を代行するものです。その為、各医薬品の服用方法、薬効、副作用、保存方法などについて 当店がお客様に指示を行う事は法律で禁じられています。これらの情報についてはお客様にて十分にご確認の上ご利用頂きますよう、宜しくお願い申し上げます。