お薬の個人輸入で得した事、便利な事、メリットとは?

お薬の個人輸入って、何が良いの?

アマゾンや楽天のようなネット通販、メルカリやヤフオク!のような中古品のネット売買。インターネットで物を買う事はもはや当たり前のようになってきましたがとはいえ、海外から物を買う個人輸入、ましてやお薬の個人輸入についてはまだまだ知っている人も利用している人も少ないかと思われます。情報が乏しいだけに、

わざわざ海外からお薬を個人輸入するなんて面倒な事、なんでするの?

と不思議に思われる方も多いと思います。

そこで今回はお薬の個人輸入のメリットをご紹介します。キーワードはお金・時間・自由

病院・薬局に行く手間が省ける

何と言っても、まずはこれではないでしょうか。

自分がひとたび病気にかかったり、長期通院が必要な状態になると痛感しますが、

なんで私、こんなに病院に行くことに時間を取られないとダメなんだろう…。

と悲しくなる事があります(;-;)

気を使いながら仕事や家事・育児・介護の合間をぬって、わざわざお休みを取って、大切なお休みを潰して病院へ…(大体自分が病院に行く時間のある時には病院は開いていない…)。そもそも病気を治すために病院に行っているはずなのに、むしろ気力・体力を消耗している気がする。そんな方、いませんか?

実際直接的な治療行為や検査など、病院に行かないとできない内容もありますが、持病の治療など、お医者さんによる診察なんてほとんど形式的なもので、お薬さえ貰えればOKという患者さんも結構多くいらっしゃいます。でも、日本では医師の処方箋がないとお薬が手に入らない…。渋々病院通いをやめられないという訳です。

お薬の個人輸入を利用すると、ネット通販と同じ要領で日本の病院処方薬も購入できます。わざわざ病院・薬局に行く必要はありません。

ネット注文ですから、早朝深夜、土日祝日など時間帯も問いません。医師による処方箋も健康保険証も要りません。

お薬の個人輸入は病院通いで無駄に時間・体力・気力を消耗している方に便利です

医療費を節約できる

日本では国民健康保険の制度が整っているため、自己負担も少なく一見「安く医療サービスを受けられる」感じがします。

が、

日本の医療の良いところが、日本医療制度崩壊の原因に?

でも書きましたように、一方で不必要に受診回数が増えてしまったり、無駄な検査が増えてしまったり、処方されるお薬の量が増えてしまったりと、結果的には病院に行くことで支払っている医療費が多くなってしまっている現状があります。

病院に行く事でかかる費用・負担 = 受診料 + 検査料 + お薬代 + 交通費 + (外食費) + 通院の為に諦めた仕事・家事・育児・介護や休暇の時間

一方、お薬のみでOKの場合は、

お薬の個人輸入にかかる費用 = お薬代 だけですので、お金と時間、トータルで考えるとかなり節約になります。

個々のお薬の価格は健康保険の自己負担率の違いもあり、必ずしも日本で処方される時より個人輸入の方が安く買えるとは限りません。が、必要なお薬だけ必要な時にネットで買う事で、長期的にはお得になるケースも多いと思われます。

病気・怪我の治療を自分のペース・考え方で進められる

日本では治療について、総じて医師・薬剤師の権限が強いです。

  • どのように治療を進めるのか
  • 治療にどの程度、どんなお薬をどのタイミングで使うのか
  • お薬は先発薬を使うのかジェネリック薬を使うのか

様々な場面で、まずは医師・薬剤師のお許しを得ないといけません。医療に詳しく、お医者さんに対してしっかり自分の意見を言える患者さんも稀にいますが、大抵の場合は治療内容(お薬を含む)はお医者さんの考え方や立場、病院独自のペースで進められていきます。中にはお医者さんに意見するとちゃんと治療してもらえないと恐れて、じゃんじゃん検査やお薬を勧められても断れない、という患者さんもいます。

自分の体の事なのに、お医者さんや病院の都合で決められてしまうのは嫌だなー。

長く病院と関わっていると、そう思う方も少なくありません。また病院によってはお医者さんや看護師さんの干渉が多い、サービスが悪いなどコミュニケーションでストレスが溜まる事も多いです。

一方海外では、日本では医師の出す処方箋が必要なお薬(例えば高血圧薬や抗生物質)でも、薬局で普通に買える事が多いです。治療については自己責任になりますが、病院に煩わされれず自分のペースで治療を進めたい方にはぴったりです。

自分の体の事は、自分で決めたい。いくら専門家でも、医師にとやかく言われたくない

こういった考えの方に、お薬の個人輸入は便利です。

自分の病気の事や、お薬・医療について知識が深まる

最後に、意外なメリットを。

お薬の個人輸入を利用して病気の治療を進めていると、多くの方が

これまでは病院任せでほとんど知る事のなかったご自身の病気の詳しい内容、お薬の使い方にとても詳しくなります。

それもそのはず。個人輸入ではすべて自己責任。病状の変化、お薬がどういうタイプのものなのか、残薬はどれくらいあるか、とにかく必死で調べたり、確認したりする習慣が自然と身につきます。

ですので、当店のお客様も非常に自己管理のしっかりした方、意識の高い方が多いなーと日々感心しております。

参考:お薬を個人輸入しているのってどんな人?


いかがでしたでしょうか?

まだまだマイナーでその内実が知られていないお薬の個人輸入。もしご自身の治療生活に便利だなーと思われましたら、ぜひおくすりショップのお店も覗いてみてください。

最後までお読み頂きありがとうございました(^-^)

お薬の個人輸入で失敗した!-お薬の個人輸入に向いていない人とは?

お薬の個人輸入で失敗するのはどんな時?

この10年で、日本でもネット通販を利用する方が一気に増えました。利用増加に伴い通販システムも進化してきましたが、とはいえ「インターネットを通して物やサービスを買う」と一口に言ってもお店の性格や商品の性質は様々。実際にはユーザーとお店・サービスの相性が合うかどうかが重要です。

よくよく考えてみると自分の欲しい物やサービス、目的とは異なるのに使っていて、買い物に失敗して文句ばかり言っている…。

というお客様にとってもお店にとっても不幸な状態もよく見られます。

そこで、今回は当店のサービスである「お薬を個人輸入する」というタイプのネット通販について、

お薬の個人輸入に失敗するのはどんな場合か。どういう人はお薬の個人輸入に向いていないのか。

を実際のお客様のケースなども踏まえてご紹介したいと思います。

超急ぎ!緊急でお薬が必要な人

ご注文の際、

「明日には届きますか?」

「手持ちの薬が切れてしまってもうないので大至急送って下さい!」

「耐えられないような症状なのでとにかく早く発送して下さい…。」

と、とにかくお急ぎのお客様。時々いらっしゃいます。個人輸入は、その名の通り海外から国際郵便で商品をお届けします。そのため当店の場合、ご入金が早く確認できてご注文当日に発送したとしても平均して普通便(国際書留郵便)で1週間程度、速達のEMSでも3-4日はかかります。なんとかお急ぎのご要望に応えたい気持ちはあるのですが、物流スピードのコントロールまでは力が及ばず…。緊急のご要望についてはお断りさせて頂いております。

お薬が届くのが遅すぎて症状が悪化した!

なんて大失敗にならないよう、

お薬の個人輸入をご利用の場合まずは各店舗の配送の目安(国や地域、利用する配送サービスによっても異なります)、長期休業案内を必ずご確認下さい。

お薬の飲み方を教えて欲しい、症状を診断して提案して欲しい人

「xxのお薬は一日に何錠飲めば良いですか?」

「xxという病気なのですが、どのお薬を飲めば良いですか?」

「xxの症状があるのですが、どうすれば治りますか?」

購入するお薬の飲み方・使い方がわからない、自分の症状にどのお薬が必要なのかわからない、というお客様からよくあるご質問です。こういった方は、お薬の個人輸入には向いていません。というのも、個人輸入では病院や薬局で医師や薬剤師が行うような服薬指導、症状から診断・処方を行う事が法律で禁じられているのです(購入サイトにお薬の飲み方を掲載するのも禁じられています)。

時折、海外からお薬(サプリメント)を個人輸入して健康被害が出た、というニュースがありますが、これらの原因もほとんどは各商品の品質の問題ではなく、「飲み方・使い方を知らないのに買ってしまった」事だと思われます。

お薬の個人輸入は、お薬の飲み方・使い方をご自身でちゃんと調べて把握した上で利用しましょう

参考:お薬の正しい飲み方はどこで調べたら良い?誰に相談すれば良い?

日本とまったく同じお薬が欲しい人

「きれいな箱に入っているお薬が欲しい」

「商品名や説明書がきちんと日本語で書かれているものが欲しい」

日本の病院で処方されたお薬と全く同じ商品(メーカー、パッケージデザイン)じゃないと嫌だ!という方。いらっしゃいます。また薬局やドラッグストアの商品のように必ずしっかりした箱や袋で包装された商品でないと不安だ、という方もまま見られます。

お薬の個人輸入で取り扱いが可能なのは(つまり法律で認められているのは)、「輸入」ですので海外の商品(外国で販売されている商品)のみとなります。そのため、「日本と同じ薬」にこだわる方、あるいはそうでないと不安になる方はやはりお薬の個人輸入に向いていません。

なお海外のお薬=日本のお薬より品質が悪い、という事は決してないですが、一般的に包装等パッケージは日本より簡素な場合が多いです。

海外の商品を購入するのが個人輸入です。日本で慣れ親しんだ見た目にこだわると失敗します。

いかがでしたでしょうか?

当店としても、やはりできる限りお客様に失敗なくお買い物して頂きたいという気持ちでおります。サービス内容に不向きな方にまで無理矢理売ってしまうというのは不本意です。お薬の個人輸入を考えてらっしゃる方のご参考になれば幸いです。

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

お薬の個人輸入と偽物問題について

ネット上に溢れる「偽物薬」問題

医薬品を海外から個人輸入する、という事についてインターネットで検索してみると、必ずと言っていいほど目に付くキーワードが

偽物

匿名の個人サイトや掲示板、SNSへの投稿、個人輸入業者の口コミなどに寄せられる個人的な意見や体験談から、医療機関・公的機関による「偽物に注意しましょう」という呼びかけまで。「個人輸入と偽物」に関する話題は沢山出てきますが(わざわざグーグルの検索候補にまで出てくるほどです…)、真偽の程(ちゃんとした根拠があるのかないのか)や、誰が何の目的で話題にしているのかによって内容はバラバラです。

とはいえ、これからお薬を個人輸入してみようかとお考えの方にはこれだけ「個人輸入と偽物」というキーワードが飛び交っていると、何を信じて良いのやら不安になるし、気になるかと思われます。

ここからは12年間個人輸入を通して経験している立場から、この「お薬の個人輸入と偽物」問題についての一見解を述べてみたいと思います。

そもそも、本当にお薬の個人輸入には偽物が多いのか?

これまでの日本の公的な発表や報告(官公庁や医療機関)から判断すると、

お薬の個人輸入に偽物が含まれている事があったのは事実

だと思われます。但し事例を冷静に見てみると、

偽物が出やすい薬のジャンルはほぼ限られている

と思われます。また、「お薬」とひとくくりにされてしまっていますが、実際には

サプリメント、健康補助食品、漢方薬のようなもの、代替医療や民間療法等西洋医学とは異なる分野で使用されるお薬

といった、通常想定される「医薬品(病院や薬局で処方されるお薬)」とは異なるものも「お薬偽物問題」としてごちゃまぜの扱いを受けている事がわかります。これは人によってお薬を含めた「医療」の捉え方が異なる事と、医薬品とサプリメントなど他の分野の健康関連商品を両方取り扱う個人輸入業者がある事が原因と思われます。

これらより、

お薬の個人輸入には他の商品の通販やサービスと同じく「偽物問題」が存在する。但し、ほぼ一部に限られた問題なので、自分の利用内容や目的を冷静に整理した上で検討するとうまく利用できる可能性もある。

と思われます。

個人輸入や通販で偽物が多いジャンル

ED治療薬・勃起不全改善薬

これまで偽物が報告されている事例の中でも、圧倒的に多いのがED治療薬です。またED治療薬と同様ナイトライフグッズ/ラブグッズ、性病検査キットなどセックスにまつわる医薬品、サプリメント、グッズについては注意が必要です。なぜこれらのジャンルに偽物が多くなってしまうのでしょうか?

  1. 人に言うのが恥ずかしい/通院するのが恥ずかしい
  2. いわゆるコンプレックス商品である
  3. 効果があったかどうかの判断が使用者本人に委ねられる(はっきりとした判断基準がない)
  4. こっそりインターネットで買いたいという需要が高い

ダイエット・美容関連のお薬、サプリメント

ダイエットや美容に関しては個人輸入に限った事ではありませんが、やはり注意が必要です。個人輸入については、医薬品ではなくサプリメントや健康食品、美容器具といったものが問題になる事が多いようです。これらのジャンルで偽物や問題を含む商品が出やすい理由は先ほどのED治療薬とほぼ同じです。

難病治療薬・高額治療薬

日本の病院では保険が効かないお薬、難病治療の新薬などで非常に高額なお薬、ニュースなどで取り上げられて大きな話題(人気)になったお薬なども、偽物に注意が必要です。これらは

  1. 処方してもらいにくい(手に入りにくい)
  2. お薬の値段が非常に高い

事から、なんとか安く簡単に手に入れたい!という気持ちになりますが、そういった種類のお薬は偽物の対象になりやすいためどうぞご注意下さい。

偽物を買って失敗しないために

個人輸入に限らず、偽物を買って失敗しないためには、

逆の立場に立ってもし自分が偽物を売るとしたら、どんな商品をどんな売り文句や方法で売ろうとするだろうか?と想像してみる

のも良いかと思います。さすがに手っ取り早くボロ儲けできないようなジャンルや商品にわざわざ偽物を用意するのは悪徳業者にとっても無駄ですから(とはいえ、最近では本物と偽物を混ぜたり、商品ラインナップとして両方揃えてカムフラージュしている巧妙なパターンもあるようです)。

消費者、買い物をする側も勉強、勉強ですね。

ちなみに当店では

安全な薬個人輸入の為に取扱わない商品を決めています

でも書きましたが、お客様にできる限り安心して長く利用して頂けるよう、上記のような偽物混入リスクの高い商品はできる限り取り扱わないよう心がけております。そもそも当店はお客様の毎日の治療、通院など医療環境から来る負担を軽減するサポートをしたい、という事で運営しておりますので、偽物業界とは目的も方向性も全く違うんです(個人輸入というジャンルで何でも悪いイメージにまとめられてしまう事が多いのですが…)。まああまり書くと余計に怪しくなる気がしますのでこの辺りに留めておきましょう(^^;)

インターネット上の情報に限らず口コミや広告、報道、発表など、偏った内容が誇張された内容が少なくありません。ぜひみなさんご自身で、一度立ち止まって情報の内容を精査してみて下さい。

 

 

 

 

台風21号、北海道地震(平成30年北海道胆振東部地震)による個人輸入への影響について

(2018年9月7日午前更新)

今週発生しました台風21号、及び北海道地震(平成30年北海道胆振東部地震)にて被害に遭われた全ての方に心よりお見舞い申し上げます。

引き続き停電や交通インフラ等の復旧、被災者や被災地域の救助・支援のため日本国内外の物流、医療サービス体制などにも乱れが見られるかと思われます。復旧支援に当たられている方には心より感謝申し上げます。どうぞ支援者の方ご自身にもご無理のないようお体ご自愛下さいませ。

まずは当店をご利用のみなさまへ、おくすりショップのサービスへの影響の有無など状況をお知らせ致します。

  • お荷物の配送状況:今回大きな被害のあった関西国際空港、新千歳空港を経由するお荷物はないため、国際郵便に関して特にお荷物の配送に影響は出ておりません。ただし、特に被災地域を中心に通行止めや渋滞などで日本国内での輸送に通常よりお時間がかかる可能性が考えられます。当店からの発送後、必ず追跡番号を元にお荷物の配送状況をご確認頂き、日本到着後なかなか配送が進まないなどご不明な点がございましたら最寄りの郵便局か、または日本郵便よりお問い合わせ下さい(一部お問い合わせ中止の場合もあるようですのでサイトにて最新情報をご確認下さい)。
  • 当店から返事がない、メールが送受信できない、サイトを閲覧できない:今回広範囲で停電が起こった事、また通信アクセスが集中した事などにより、ご利用の環境によっては一時的に当店のサイトをご覧頂けない、当店とのメールのやり取りをうまく送受信できない、という可能性が考えられます。その場合は大変お手数で申し訳ございませんが、時間帯や接続環境、メールアドレスを変えるなどして再度お問い合わせ・ご注文頂けますようよろしくお願い致します
  • 入金が間に合わない・お届け先を変更したい:災害の影響でお忙しく入金期限に間に合わない、または急遽出張・移動となったので受け取り先の住所を変更したいという方は、一度ご相談下さいませ。入金前のご注文についてはご変更が可能です。
  • 医薬品の在庫状況:当店取扱のものについては特に不足する事もなく問題ございません。

その他気になられる事がございましたらお気軽にお問い合わせ下さいませ。

海外在住日本人です。お薬をネット通販で買えますか?

  1. 外国暮らしはツライよ!病院・薬局・お薬の悩み
  2. お薬を個人輸入で手に入れる
  3. お薬の注文方法

外国暮らしはツライよ!病院・薬局・お薬の悩み

海外で生活する日本人、およそ100万人とも言われています。

  • お仕事・ビジネス・起業
  • 海外駐在員の家族(駐在妻)
  • 国際結婚
  • 海外出張、海外プロジェクトへの参加
  • ワーキングホリデー
  • 海外留学
  • NGO、NPO、ボランティア活動、慈善活動など
  • リタイア後のロングステイ
  • 海外移住

自らの意思で海外に飛び立った方、仕事や結婚の都合でイヤイヤながら外国に移住する事になった方。いずれにせよ慣れない土地でみなさん奮闘されている事かと思います。

外国で生活するにあたって心配なのが健康の事。特に元々持病のある方は日本で受けていたようなレベルの治療を続けられるかしら、と不安に思いますよね。

住んでいる国の言語をうまく話したり書いたりできないので、病院・薬局・ドラッグストアで症状や欲しいお薬を正確に伝えられない。説明書が読めない。
住んでいる国の健康保険制度が不十分、または自分には条件が合わないので有効に使えない
住んでいる国・地域の医療や医薬品の品質に不安がある。

言葉の壁、社会保障制度の違いなど、外国人にはやはり悩みが多いです。日本語対応の病院や薬局が運良く見つかる場合もありますが、通院するとなると費用が高額になるケースもしばしば。

外国語をマスター出来れば良いのですが、半年から数年しか滞在しない国で病気に関する表現を身につけるのは至難の技…。次から次へと様々な国に転勤となればもうお手上げ。またリタイア後のロングステイとなると、高齢で新たに外国語を覚えるのもしんどい。

お薬を個人輸入で手に入れる

持病治療中の方で、お薬によるコントロールのみで体調維持ができる場合は、必要なお薬を個人輸入で買うという選択肢もあります。

当店では高血圧薬糖尿病薬抗生物質アレルギー治療薬(喘息皮膚炎等)、甲状腺ホルモン製剤低用量ピル(避妊薬)、解熱鎮痛剤などをお買い求め頂けます。

  • 処方箋、医師による診断書、健康保険証、身分証明証等の提出は必要ありません。
  • 購入に関するやりとりは全て日本語、お支払いも日本円がご利用頂けます。

日本で販売されているお薬(パッケージや説明書が日本語仕様の処方薬や正露丸など日本の薬局で販売されている市販薬)については取扱禁止となりますのでご用意できません。

お薬の注文方法

個人輸入の条件や送料など、お届け先の国や地域によって異なりますので、お問い合わせ頂いた後に個別に確認、ご案内させて頂きます(内容によりご希望にそえない場合がございます)。下記は基本事項のみとなりますがお問合せの前にご確認をお願い致します。

お支払い方法

  • 銀行振込または郵便振替:日本円でのお支払いとなります。日本の銀行口座をお持ちの場合は、インターネットバンキングをご利用頂くとスムーズです。振込にかかる手数料等はお客様でのご負担となります。お振込の名義人がご注文者と異なる場合は、事前に名義人のご氏名をお知らせ下さいませ。

配送方法・送料

  • 国際書留郵便(REG/航空便)でタイより発送致します。書留のため、発送からお届けまでの配送状況が確認ができ、配達記録が残りますので書留なしの普通便よりも安全です。お届けに送料は国・地域により異なりますがサイト掲載の商品代金に500円〜追加で頂戴しております。お届けにかかる日数は国や地域に異なりますが、日本の場合ですと平均して7日前後、最長で14日程度となります。国際エクスプレスメール(EMS)ご希望の場合は別途ご相談ください。
  • タイへの発送はできません(国内発送となり、個人輸入にあたらないため禁止されております)。

海外(日本以外)への発送に関する注意点

  1. 当サイト上での表記(価格・配送期間目安・サービス利用上の注意など)は、配送先が日本を想定した場合のものとなります。海外への配送の場合、送料などが変更となります。変更内容については個別にご連絡させて頂きますので、ご希望の商品(商品名・個数)と配送先(国・地域)をご記入の上、まずはお問い合わせ下さい。
  2. 配送先の国・地域により、薬事法が異なります。その為輸入できるお薬の種類や数量が日本国内の場合とは異なります。お届けの国にてご希望の商品(種類・数量含む)が輸入可能かどうかについては、お客様ご自身で事前に各国税関などで情報を収集頂き、ご判断頂きますよう宜しくお願い致します。万が一これらの制約事項に関するトラブルが起こった場合、当店は責任を負う事はできませんので予めご了承頂けますよう宜しくお願い致します。
  3. 配送先の国・地域によっては日本に比べて郵便事情などが極端に悪く、商品のお届けに関してトラブルが発生する可能性も考えられます。当店では商品の発送に国際書留郵便を利用致しますが、万が一未着等の問題が起こった際には責任を負う事はできませんので、予めご了解頂きますよう宜しくお願い致します。
  4. お支払いには、日本の銀行(三井住友銀行、三菱UFJ銀行、楽天銀行、ゆうちょ銀行)、郵便振替への送金が可能な事が前提となります。

日本以外への国の発送に関するお問合せ・ご注文

ご希望の商品がございましたら、下記項目にご記入の上、メールにてお問合せ下さい。商品(品名・品番)はおくすりショップサイトにてご確認ください。お探しの商品が見つからない場合も、お問合せ下さい。お取り扱い可能かどうか確認させて頂きます。

またEU居住者の方は必ずプライバシーポリシーをご確認頂き、「プライバシーポリシーを確認し、個人情報の取扱いに同意しました」をご選択(同意しないを削除)の上メール送信をお願い致します。

当サイトのショッピングカートは日本のご住所へのお届け専用となっております。お手数ですがまずはメールにてご連絡下さい。

お問合せ先

クリックでメールソフトがたちあがります。

お問合せ・ご注文内容

下記項目をメールにコピーアンドペーストしてお使い下さい。


・ご氏名:
・ご氏名(ふりがな/ローマ字):
・メールアドレス:
・郵便番号:
・ご住所(国名までご記入下さい):
・お電話番号:
・お支払い方法(以下よりご選択下さい):
(三井住友銀行/三菱東京UFJ銀行/楽天銀行/郵便振替[ゆうちょ銀行])

・EMS(速達)利用の有無:
EMSご利用の場合、別途料金を頂戴致します。詳しくはメール確認後にお知らせ致します。

・ご希望商品の品番・品名と数量

 

・その他ご要望、ご質問

 

・EU居住の方:プライバシーポリシーを確認し、個人情報の取扱いに(同意しました/同意しません)