お薬の個人輸入で得した事、便利な事、メリットとは?

お薬の個人輸入って、何が良いの?

アマゾンや楽天のようなネット通販、メルカリやヤフオク!のような中古品のネット売買。インターネットで物を買う事はもはや当たり前のようになってきましたがとはいえ、海外から物を買う個人輸入、ましてやお薬の個人輸入についてはまだまだ知っている人も利用している人も少ないかと思われます。情報が乏しいだけに、

わざわざ海外からお薬を個人輸入するなんて面倒な事、なんでするの?

と不思議に思われる方も多いと思います。

そこで今回はお薬の個人輸入のメリットをご紹介します。キーワードはお金・時間・自由

病院・薬局に行く手間が省ける

何と言っても、まずはこれではないでしょうか。

自分がひとたび病気にかかったり、長期通院が必要な状態になると痛感しますが、

なんで私、こんなに病院に行くことに時間を取られないとダメなんだろう…。

と悲しくなる事があります(;-;)

気を使いながら仕事や家事・育児・介護の合間をぬって、わざわざお休みを取って、大切なお休みを潰して病院へ…(大体自分が病院に行く時間のある時には病院は開いていない…)。そもそも病気を治すために病院に行っているはずなのに、むしろ気力・体力を消耗している気がする。そんな方、いませんか?

実際直接的な治療行為や検査など、病院に行かないとできない内容もありますが、持病の治療など、お医者さんによる診察なんてほとんど形式的なもので、お薬さえ貰えればOKという患者さんも結構多くいらっしゃいます。でも、日本では医師の処方箋がないとお薬が手に入らない…。渋々病院通いをやめられないという訳です。

お薬の個人輸入を利用すると、ネット通販と同じ要領で日本の病院処方薬も購入できます。わざわざ病院・薬局に行く必要はありません。

ネット注文ですから、早朝深夜、土日祝日など時間帯も問いません。医師による処方箋も健康保険証も要りません。

お薬の個人輸入は病院通いで無駄に時間・体力・気力を消耗している方に便利です

医療費を節約できる

日本では国民健康保険の制度が整っているため、自己負担も少なく一見「安く医療サービスを受けられる」感じがします。

が、

日本の医療の良いところが、日本医療制度崩壊の原因に?

でも書きましたように、一方で不必要に受診回数が増えてしまったり、無駄な検査が増えてしまったり、処方されるお薬の量が増えてしまったりと、結果的には病院に行くことで支払っている医療費が多くなってしまっている現状があります。

病院に行く事でかかる費用・負担 = 受診料 + 検査料 + お薬代 + 交通費 + (外食費) + 通院の為に諦めた仕事・家事・育児・介護や休暇の時間

一方、お薬のみでOKの場合は、

お薬の個人輸入にかかる費用 = お薬代 だけですので、お金と時間、トータルで考えるとかなり節約になります。

個々のお薬の価格は健康保険の自己負担率の違いもあり、必ずしも日本で処方される時より個人輸入の方が安く買えるとは限りません。が、必要なお薬だけ必要な時にネットで買う事で、長期的にはお得になるケースも多いと思われます。

病気・怪我の治療を自分のペース・考え方で進められる

日本では治療について、総じて医師・薬剤師の権限が強いです。

  • どのように治療を進めるのか
  • 治療にどの程度、どんなお薬をどのタイミングで使うのか
  • お薬は先発薬を使うのかジェネリック薬を使うのか

様々な場面で、まずは医師・薬剤師のお許しを得ないといけません。医療に詳しく、お医者さんに対してしっかり自分の意見を言える患者さんも稀にいますが、大抵の場合は治療内容(お薬を含む)はお医者さんの考え方や立場、病院独自のペースで進められていきます。中にはお医者さんに意見するとちゃんと治療してもらえないと恐れて、じゃんじゃん検査やお薬を勧められても断れない、という患者さんもいます。

自分の体の事なのに、お医者さんや病院の都合で決められてしまうのは嫌だなー。

長く病院と関わっていると、そう思う方も少なくありません。また病院によってはお医者さんや看護師さんの干渉が多い、サービスが悪いなどコミュニケーションでストレスが溜まる事も多いです。

一方海外では、日本では医師の出す処方箋が必要なお薬(例えば高血圧薬や抗生物質)でも、薬局で普通に買える事が多いです。治療については自己責任になりますが、病院に煩わされれず自分のペースで治療を進めたい方にはぴったりです。

自分の体の事は、自分で決めたい。いくら専門家でも、医師にとやかく言われたくない

こういった考えの方に、お薬の個人輸入は便利です。

自分の病気の事や、お薬・医療について知識が深まる

最後に、意外なメリットを。

お薬の個人輸入を利用して病気の治療を進めていると、多くの方が

これまでは病院任せでほとんど知る事のなかったご自身の病気の詳しい内容、お薬の使い方にとても詳しくなります。

それもそのはず。個人輸入ではすべて自己責任。病状の変化、お薬がどういうタイプのものなのか、残薬はどれくらいあるか、とにかく必死で調べたり、確認したりする習慣が自然と身につきます。

ですので、当店のお客様も非常に自己管理のしっかりした方、意識の高い方が多いなーと日々感心しております。

参考:お薬を個人輸入しているのってどんな人?


いかがでしたでしょうか?

まだまだマイナーでその内実が知られていないお薬の個人輸入。もしご自身の治療生活に便利だなーと思われましたら、ぜひおくすりショップのお店も覗いてみてください。

最後までお読み頂きありがとうございました(^-^)

お薬の個人輸入で失敗した!-お薬の個人輸入に向いていない人とは?

お薬の個人輸入で失敗するのはどんな時?

この10年で、日本でもネット通販を利用する方が一気に増えました。利用増加に伴い通販システムも進化してきましたが、とはいえ「インターネットを通して物やサービスを買う」と一口に言ってもお店の性格や商品の性質は様々。実際にはユーザーとお店・サービスの相性が合うかどうかが重要です。

よくよく考えてみると自分の欲しい物やサービス、目的とは異なるのに使っていて、買い物に失敗して文句ばかり言っている…。

というお客様にとってもお店にとっても不幸な状態もよく見られます。

そこで、今回は当店のサービスである「お薬を個人輸入する」というタイプのネット通販について、

お薬の個人輸入に失敗するのはどんな場合か。どういう人はお薬の個人輸入に向いていないのか。

を実際のお客様のケースなども踏まえてご紹介したいと思います。

超急ぎ!緊急でお薬が必要な人

ご注文の際、

「明日には届きますか?」

「手持ちの薬が切れてしまってもうないので大至急送って下さい!」

「耐えられないような症状なのでとにかく早く発送して下さい…。」

と、とにかくお急ぎのお客様。時々いらっしゃいます。個人輸入は、その名の通り海外から国際郵便で商品をお届けします。そのため当店の場合、ご入金が早く確認できてご注文当日に発送したとしても平均して普通便(国際書留郵便)で1週間程度、速達のEMSでも3-4日はかかります。なんとかお急ぎのご要望に応えたい気持ちはあるのですが、物流スピードのコントロールまでは力が及ばず…。緊急のご要望についてはお断りさせて頂いております。

お薬が届くのが遅すぎて症状が悪化した!

なんて大失敗にならないよう、

お薬の個人輸入をご利用の場合まずは各店舗の配送の目安(国や地域、利用する配送サービスによっても異なります)、長期休業案内を必ずご確認下さい。

お薬の飲み方を教えて欲しい、症状を診断して提案して欲しい人

「xxのお薬は一日に何錠飲めば良いですか?」

「xxという病気なのですが、どのお薬を飲めば良いですか?」

「xxの症状があるのですが、どうすれば治りますか?」

購入するお薬の飲み方・使い方がわからない、自分の症状にどのお薬が必要なのかわからない、というお客様からよくあるご質問です。こういった方は、お薬の個人輸入には向いていません。というのも、個人輸入では病院や薬局で医師や薬剤師が行うような服薬指導、症状から診断・処方を行う事が法律で禁じられているのです(購入サイトにお薬の飲み方を掲載するのも禁じられています)。

時折、海外からお薬(サプリメント)を個人輸入して健康被害が出た、というニュースがありますが、これらの原因もほとんどは各商品の品質の問題ではなく、「飲み方・使い方を知らないのに買ってしまった」事だと思われます。

お薬の個人輸入は、お薬の飲み方・使い方をご自身でちゃんと調べて把握した上で利用しましょう

参考:お薬の正しい飲み方はどこで調べたら良い?誰に相談すれば良い?

日本とまったく同じお薬が欲しい人

「きれいな箱に入っているお薬が欲しい」

「商品名や説明書がきちんと日本語で書かれているものが欲しい」

日本の病院で処方されたお薬と全く同じ商品(メーカー、パッケージデザイン)じゃないと嫌だ!という方。いらっしゃいます。また薬局やドラッグストアの商品のように必ずしっかりした箱や袋で包装された商品でないと不安だ、という方もまま見られます。

お薬の個人輸入で取り扱いが可能なのは(つまり法律で認められているのは)、「輸入」ですので海外の商品(外国で販売されている商品)のみとなります。そのため、「日本と同じ薬」にこだわる方、あるいはそうでないと不安になる方はやはりお薬の個人輸入に向いていません。

なお海外のお薬=日本のお薬より品質が悪い、という事は決してないですが、一般的に包装等パッケージは日本より簡素な場合が多いです。

海外の商品を購入するのが個人輸入です。日本で慣れ親しんだ見た目にこだわると失敗します。

いかがでしたでしょうか?

当店としても、やはりできる限りお客様に失敗なくお買い物して頂きたいという気持ちでおります。サービス内容に不向きな方にまで無理矢理売ってしまうというのは不本意です。お薬の個人輸入を考えてらっしゃる方のご参考になれば幸いです。

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

お薬の個人輸入と偽物問題について

ネット上に溢れる「偽物薬」問題

医薬品を海外から個人輸入する、という事についてインターネットで検索してみると、必ずと言っていいほど目に付くキーワードが

偽物

匿名の個人サイトや掲示板、SNSへの投稿、個人輸入業者の口コミなどに寄せられる個人的な意見や体験談から、医療機関・公的機関による「偽物に注意しましょう」という呼びかけまで。「個人輸入と偽物」に関する話題は沢山出てきますが(わざわざグーグルの検索候補にまで出てくるほどです…)、真偽の程(ちゃんとした根拠があるのかないのか)や、誰が何の目的で話題にしているのかによって内容はバラバラです。

とはいえ、これからお薬を個人輸入してみようかとお考えの方にはこれだけ「個人輸入と偽物」というキーワードが飛び交っていると、何を信じて良いのやら不安になるし、気になるかと思われます。

ここからは12年間個人輸入を通して経験している立場から、この「お薬の個人輸入と偽物」問題についての一見解を述べてみたいと思います。

そもそも、本当にお薬の個人輸入には偽物が多いのか?

これまでの日本の公的な発表や報告(官公庁や医療機関)から判断すると、

お薬の個人輸入に偽物が含まれている事があったのは事実

だと思われます。但し事例を冷静に見てみると、

偽物が出やすい薬のジャンルはほぼ限られている

と思われます。また、「お薬」とひとくくりにされてしまっていますが、実際には

サプリメント、健康補助食品、漢方薬のようなもの、代替医療や民間療法等西洋医学とは異なる分野で使用されるお薬

といった、通常想定される「医薬品(病院や薬局で処方されるお薬)」とは異なるものも「お薬偽物問題」としてごちゃまぜの扱いを受けている事がわかります。これは人によってお薬を含めた「医療」の捉え方が異なる事と、医薬品とサプリメントなど他の分野の健康関連商品を両方取り扱う個人輸入業者がある事が原因と思われます。

これらより、

お薬の個人輸入には他の商品の通販やサービスと同じく「偽物問題」が存在する。但し、ほぼ一部に限られた問題なので、自分の利用内容や目的を冷静に整理した上で検討するとうまく利用できる可能性もある。

と思われます。

個人輸入や通販で偽物が多いジャンル

ED治療薬・勃起不全改善薬

これまで偽物が報告されている事例の中でも、圧倒的に多いのがED治療薬です。またED治療薬と同様ナイトライフグッズ/ラブグッズ、性病検査キットなどセックスにまつわる医薬品、サプリメント、グッズについては注意が必要です。なぜこれらのジャンルに偽物が多くなってしまうのでしょうか?

  1. 人に言うのが恥ずかしい/通院するのが恥ずかしい
  2. いわゆるコンプレックス商品である
  3. 効果があったかどうかの判断が使用者本人に委ねられる(はっきりとした判断基準がない)
  4. こっそりインターネットで買いたいという需要が高い

ダイエット・美容関連のお薬、サプリメント

ダイエットや美容に関しては個人輸入に限った事ではありませんが、やはり注意が必要です。個人輸入については、医薬品ではなくサプリメントや健康食品、美容器具といったものが問題になる事が多いようです。これらのジャンルで偽物や問題を含む商品が出やすい理由は先ほどのED治療薬とほぼ同じです。

難病治療薬・高額治療薬

日本の病院では保険が効かないお薬、難病治療の新薬などで非常に高額なお薬、ニュースなどで取り上げられて大きな話題(人気)になったお薬なども、偽物に注意が必要です。これらは

  1. 処方してもらいにくい(手に入りにくい)
  2. お薬の値段が非常に高い

事から、なんとか安く簡単に手に入れたい!という気持ちになりますが、そういった種類のお薬は偽物の対象になりやすいためどうぞご注意下さい。

偽物を買って失敗しないために

個人輸入に限らず、偽物を買って失敗しないためには、

逆の立場に立ってもし自分が偽物を売るとしたら、どんな商品をどんな売り文句や方法で売ろうとするだろうか?と想像してみる

のも良いかと思います。さすがに手っ取り早くボロ儲けできないようなジャンルや商品にわざわざ偽物を用意するのは悪徳業者にとっても無駄ですから(とはいえ、最近では本物と偽物を混ぜたり、商品ラインナップとして両方揃えてカムフラージュしている巧妙なパターンもあるようです)。

消費者、買い物をする側も勉強、勉強ですね。

ちなみに当店では

安全な薬個人輸入の為に取扱わない商品を決めています

でも書きましたが、お客様にできる限り安心して長く利用して頂けるよう、上記のような偽物混入リスクの高い商品はできる限り取り扱わないよう心がけております。そもそも当店はお客様の毎日の治療、通院など医療環境から来る負担を軽減するサポートをしたい、という事で運営しておりますので、偽物業界とは目的も方向性も全く違うんです(個人輸入というジャンルで何でも悪いイメージにまとめられてしまう事が多いのですが…)。まああまり書くと余計に怪しくなる気がしますのでこの辺りに留めておきましょう(^^;)

インターネット上の情報に限らず口コミや広告、報道、発表など、偏った内容が誇張された内容が少なくありません。ぜひみなさんご自身で、一度立ち止まって情報の内容を精査してみて下さい。

 

 

 

 

アマゾン/楽天でお薬を買えますか?

日用品のほとんどがネット通販で買える時代

インターネットでのお買い物、もう当たり前という感じに普及してきましたね!

みなさんはどのようなネット通販を利用されていますか?

  • アマゾン(Amazon)
  • 楽天市場(Rakuten)
  • ヨドバシ.com
  • アスクル(ASKUL)
  • LOHACO(ロハコ)
  • ヤフオク!
  • メルカリ
  • ラクマ

企業のオンラインショップ、ポータルサイトからフリマアプリまで、本当に便利なネットショップが増えました。ポイントを溜めてお買い物を工夫したり、お買い物の手間を省けたり、毎日忙しい方や節約に励む方には必須となってきました。

ではお薬はネット通販で買えるの?

ここで持病のある方や、現在治療中で頻繁にお薬が必要になる方は、

お薬ってアマゾンや楽天みたいなネット通販で買えないの?

と疑問に思う方も多いでしょう。

結論から先に申し上げますと、

  • ドラッグストア・薬局で「処方箋なしで買える種類のお薬」は、アマゾンや楽天といった大手通販サイトで買えるようになっている事が多い。
  • 日本の病院で、お医者さんが出してくれた処方箋を元に調剤薬局で購入する種類のお薬はアマゾンや楽天等大手通販サイトやドラッグストアのオンラインショップでも買えない。

という事です。

つまり、普段ドラッグストアや薬局に行かれた際、

  • 自分で棚から取ってそのまま買えるお薬
  • スタッフ(有資格者)の説明や確認が必要だが、処方箋がなくても買えるタイプのお薬(第1類医薬品:ロキソニン、ガスター10、リアップ、ニコチネル等)

こういったお薬はインターネットでも買えるお店があります(但し、基準を満たした店舗で、購入には薬剤師の確認作業があります)。欲しいお薬があるかもしれませんので、一般的なお薬をお探しの場合は一度アマゾンや楽天内で検索してみて下さい。

尚メルカリ、ヤフオク!、ラクマ等のフリマについてはそもそも医薬品は購入できませんので、万が一出品されている場合にはご注意下さい。

病院処方薬は日本国内の通販では買えない

第1類医薬品など、ドラッグストアで普通に買えるお薬については一部ネット通販でも買える事が分かりました。

では高血圧やアレルギーのお薬など、普段病院に行ってお医者さんに処方箋を書いてもらっている種類のお薬はどうでしょうか?これは、

日本国内のネット通販(日本国内から発送される通販)では処方薬(要指示薬、医療医薬品)は買えない。

と決められています。一方ネット通販の中でも

海外からの個人輸入(海外から日本へ発送される=輸入される)であれば、処方薬(要指示薬、医療医薬品)を買える。但し、あくまで個人での使用に限る

と決められております。お薬の個人輸入については厚生労働省により認められています。個人輸入そのものについての注意点は別稿に譲りますが、ここでのポイントは

  • 発送元が日本国内:処方薬は買えない。
  • 発送元が日本以外の国:処方薬を買える(輸入となる)。

という点です。どちらもネット通販で、サイト上の使い勝手もそこまで変わらず違いがわかりづらいと思われますので、特に処方薬のネット通販をご検討の場合は「発送元がどの国なのか」も注意してみて下さい。

いかがでしたでしょうか?みなさんの日々のインターネットでのお買い物が少しでも便利になれば幸いです。

最後までお読み頂きありがとうございました。

安全な薬個人輸入の為に取扱わない商品を決めています

安全な薬個人輸入の為に、取扱わない商品や表記に特に注意する商品を決めています

さて本日はおくすりショップのポリシーをご紹介させて頂きます。

近年ではお薬の個人輸入サイト数が乱立しており、グーグルの検索結果を見るだけではどのサイトが自分に合った雰囲気なのか、欲しい商品を取り扱っているのか分かりづらくなっています。

そこでご利用を検討頂く際のご参考となるよう、

おくすりショップが取扱わないお薬・商品

をご紹介致します。

個人輸入として取扱いしていない商品やお薬の種類

次のタイプのお薬は、これまでもこれからもお取り扱いしておりません。お薬の個人輸入として有名なものばかりですので、意外と思われるかもしれませんが、当店では買えません。直接問い合わせてみたら、実はこっそり裏から出して来た、という事も全くございませんので、必要な方にはあしからず…。尚法律で禁じられているものについては取扱い不可が当たり前、論外ですので敢えて掲載致しません。

参考:お薬の個人輸入と偽物問題について

ED治療薬/勃起不全改善薬

個人輸入といえばED治療薬、というイメージが拡がってしまっていますが、人気が高すぎる分、巧妙な偽物も出回りやすく、これまで日本への個人輸入でED治療薬に関するトラブルが多かったという報告も踏まえると、安全な商品をお届けする事が難しいと判断し、当店では取り扱っておりません。症状にお悩みの方にはお役に立てず心苦しいですが、どうぞご了承下さい。

また、ED治療薬は人には言いにくい悩みである事から、いわゆるコンプレックス商品として扱われ、正規品やクリニックでの受診であったとしても法外に高い値段で提供されたり、不必要な治療や商品まで勧められる危険性もあります。くれぐれもご注意下さい。

取扱い不可のED治療薬例一覧

  • 「バイアグラ」「バイアグラジェネリック(シルデナフィル/カマグラゴールド)」
  • 「シアリス」「シアリスジェネリック(タダラフィル)」
  • 「レビトラ」「レビトラジェネリック(バルデナフィル/バリフ)」

ナイトライフ/ラブグッズ

当店はお客様の一般的な通院・治療に関する負担を軽減する事を目標としておりますので、下記のようないわゆるアダルトグッズに当たるものは取り扱っておりません。

  • 媚薬
  • 精力強壮剤
  • ペニス増大サプリメント
  • 女性用バイアグラ
  • 潤滑剤
  • その他アダルトグッズとおぼしきもの

睡眠薬/睡眠導入剤

犯罪に悪用される危険性が極めて高い性質を持つお薬ですので、当店ではお取り扱いしておりません。

有名で人気の高い精神薬

精神薬の中にも色々ありますが、その中でも有名で需要の高すぎるものについては仮に輸入禁止となっていないものであっても、ED治療薬同様、悪質な偽物が出回りやすい、法外な値段で取引される、濫用の恐れがあるなど利用者の安全を確保する事が難しい為、お取り扱いしておりません。

一部個人輸入として取扱いがあるが、表記・取扱いに注意しているお薬や商品

AGA治療薬(薄毛治療薬/育毛剤/発毛剤)

近年薄毛については病院にAGA専門の外来ができるなど、病気として治療する、という意識も広まって参りました。当店でもプロペシア、ミノキシジルなど治療に使われる基本的なお薬をお取り扱いしておりますが、商品の基本情報(成分、価格等)を掲載する事に留め、薄毛の方のお悩みや不安を増幅するような表現や、過剰な効能を謳う体験談・口コミの掲載、他の不必要なサプリメントを勧めるなどの表現は行わないよう心がけております。

避妊薬/ピル

低用量ピル、緊急避妊薬(モーニングアフターピル)のお取り扱いがございますが、女性の「妊娠」という非常にデリケートな問題に関わるお薬です。ご利用者の安易な利用や誤った利用を避ける為、過剰な体験談や口コミの掲載、飲み方や副作用の掲載をしていません(お薬の飲み方・使い方を掲載しない・できない理由についてはお薬の正しい飲み方はどこで調べたら良い?誰に相談すれば良い? も併せてご覧下さい)。

性病(性感染症/STD)治療に使われるお薬

性感染症自体は誰しも発症する可能性はありますし、本来他の病気と比べて特別視するものではないのです。治療薬も、ほとんどの場合そこまで特別なものはありません。一方で性病治療が必要な人の

  • 性病になった事が周りに知れると恥ずかしい
  • 病院に行くのが恥ずかしい

といった気持ちを狙って、個人輸入の場でもコンプレックス商品同様、過剰な表現が目立つように思われます。

  • 「XXという性病にはXXXXという薬が効く!」といったように特効薬を謳う内容
  • 「XXXXというお薬でXXが簡単に治った!」というような体験談や口コミ
  • 「性病薬のXXXXの飲み方・副作用」のように具体的な使い方を示した内容

これらは治療をする人の不安な気持ちや誤った知識を深めかねませんので、掲載しておりません。

禁煙補助剤

禁煙は、あくまで自主的に進めるものですので、定期継続購入など無駄なオススメやアドバイスは致しません。

肥満治療に関係するお薬

一部の病気には肥満症状を伴うものがあり、治療の過程で減量(ダイエット)を必要とする場合があります。しかしながら肥満の治療(ダイエット)は美容目的と結びつきやすく、非常に誤解が多い為、過剰な効能の強調、体験談、口コミの掲載はしないよう心がけております。

美容に関係するお薬

美容は個人によって価値観が異なります。できる限りご自身にとって必要な範囲でご利用頂けるよう、過剰な効能の宣伝、口コミ・体験談の掲載はしておりません。また他の無用な美容グッズやサプリメントのオススメも致しません。

目的外使用されやすいと考えられるお薬

時折、お薬の本来の効能・作用と認められるもの(製薬会社等により確認・提示されているもの)以外の効果(副作用など)を目的とする、お薬の目的外使用が拡まってしまう事があります。これは個人輸入に限らず、病院で処方されたお薬、薬局で購入できるお薬やサプリメントにも同様に起こる問題です。当店では少しでもこのようなお薬の使われ方を減らすよう、

  • 目的外使用を指南するような内容
  • 目的外使用の体験談や口コミ

を掲載しないようにしております。

 

いかがでしたでしょうか?もし

「つまんないお店だなー。欲しいお薬置いてないじゃないか!」

と感じられた方は、残念ながら当店のサービス内容ではご希望にそえません。当店ではお役に立てませんので、他店をご利用下さいませ。

もし上記のようなポリシーにご共感頂ける方がいらっしゃいましたら、どうぞご来店下さいませ。上記取扱い不可の種類のお薬以外のものでお探しのものが見つからない場合は、お気軽にお問い合わせお待ちしております。

長くなってしまいました…。最後までお読み頂きありがとうございました。