安全な薬個人輸入の為に取扱わない商品を決めています

安全な薬個人輸入の為に、取扱わない商品や表記に特に注意する商品を決めています

さて本日はおくすりショップのポリシーをご紹介させて頂きます。

近年ではお薬の個人輸入サイト数が乱立しており、グーグルの検索結果を見るだけではどのサイトが自分に合った雰囲気なのか、欲しい商品を取り扱っているのか分かりづらくなっています。

そこでご利用を検討頂く際のご参考となるよう、

おくすりショップが取扱わないお薬・商品

をご紹介致します。

個人輸入として取扱いしていない商品やお薬の種類

次のタイプのお薬は、これまでもこれからもお取り扱いしておりません。お薬の個人輸入として有名なものばかりですので、意外と思われるかもしれませんが、当店では買えません。直接問い合わせてみたら、実はこっそり裏から出して来た、という事も全くございませんので、必要な方にはあしからず…。尚法律で禁じられているものについては取扱い不可が当たり前、論外ですので敢えて掲載致しません。

参考:お薬の個人輸入と偽物問題について

ED治療薬/勃起不全改善薬

個人輸入といえばED治療薬、というイメージが拡がってしまっていますが、人気が高すぎる分、巧妙な偽物も出回りやすく、これまで日本への個人輸入でED治療薬に関するトラブルが多かったという報告も踏まえると、安全な商品をお届けする事が難しいと判断し、当店では取り扱っておりません。症状にお悩みの方にはお役に立てず心苦しいですが、どうぞご了承下さい。

また、ED治療薬は人には言いにくい悩みである事から、いわゆるコンプレックス商品として扱われ、正規品やクリニックでの受診であったとしても法外に高い値段で提供されたり、不必要な治療や商品まで勧められる危険性もあります。くれぐれもご注意下さい。

取扱い不可のED治療薬例一覧

  • 「バイアグラ」「バイアグラジェネリック(シルデナフィル/カマグラゴールド)」
  • 「シアリス」「シアリスジェネリック(タダラフィル)」
  • 「レビトラ」「レビトラジェネリック(バルデナフィル/バリフ)」

ナイトライフ/ラブグッズ

当店はお客様の一般的な通院・治療に関する負担を軽減する事を目標としておりますので、下記のようないわゆるアダルトグッズに当たるものは取り扱っておりません。

  • 媚薬
  • 精力強壮剤
  • ペニス増大サプリメント
  • 女性用バイアグラ
  • 潤滑剤
  • その他アダルトグッズとおぼしきもの

睡眠薬/睡眠導入剤

犯罪に悪用される危険性が極めて高い性質を持つお薬ですので、当店ではお取り扱いしておりません。

有名で人気の高い精神薬

精神薬の中にも色々ありますが、その中でも有名で需要の高すぎるものについては仮に輸入禁止となっていないものであっても、ED治療薬同様、悪質な偽物が出回りやすい、法外な値段で取引される、濫用の恐れがあるなど利用者の安全を確保する事が難しい為、お取り扱いしておりません。

一部個人輸入として取扱いがあるが、表記・取扱いに注意しているお薬や商品

AGA治療薬(薄毛治療薬/育毛剤/発毛剤)

近年薄毛については病院にAGA専門の外来ができるなど、病気として治療する、という意識も広まって参りました。当店でもプロペシア、ミノキシジルなど治療に使われる基本的なお薬をお取り扱いしておりますが、商品の基本情報(成分、価格等)を掲載する事に留め、薄毛の方のお悩みや不安を増幅するような表現や、過剰な効能を謳う体験談・口コミの掲載、他の不必要なサプリメントを勧めるなどの表現は行わないよう心がけております。

避妊薬/ピル

低用量ピル、緊急避妊薬(モーニングアフターピル)のお取り扱いがございますが、女性の「妊娠」という非常にデリケートな問題に関わるお薬です。ご利用者の安易な利用や誤った利用を避ける為、過剰な体験談や口コミの掲載、飲み方や副作用の掲載をしていません(お薬の飲み方・使い方を掲載しない・できない理由についてはお薬の正しい飲み方はどこで調べたら良い?誰に相談すれば良い? も併せてご覧下さい)。

性病(性感染症/STD)治療に使われるお薬

性感染症自体は誰しも発症する可能性はありますし、本来他の病気と比べて特別視するものではないのです。治療薬も、ほとんどの場合そこまで特別なものはありません。一方で性病治療が必要な人の

  • 性病になった事が周りに知れると恥ずかしい
  • 病院に行くのが恥ずかしい

といった気持ちを狙って、個人輸入の場でもコンプレックス商品同様、過剰な表現が目立つように思われます。

  • 「XXという性病にはXXXXという薬が効く!」といったように特効薬を謳う内容
  • 「XXXXというお薬でXXが簡単に治った!」というような体験談や口コミ
  • 「性病薬のXXXXの飲み方・副作用」のように具体的な使い方を示した内容

これらは治療をする人の不安な気持ちや誤った知識を深めかねませんので、掲載しておりません。

禁煙補助剤

禁煙は、あくまで自主的に進めるものですので、定期継続購入など無駄なオススメやアドバイスは致しません。

肥満治療に関係するお薬

一部の病気には肥満症状を伴うものがあり、治療の過程で減量(ダイエット)を必要とする場合があります。しかしながら肥満の治療(ダイエット)は美容目的と結びつきやすく、非常に誤解が多い為、過剰な効能の強調、体験談、口コミの掲載はしないよう心がけております。

美容に関係するお薬

美容は個人によって価値観が異なります。できる限りご自身にとって必要な範囲でご利用頂けるよう、過剰な効能の宣伝、口コミ・体験談の掲載はしておりません。また他の無用な美容グッズやサプリメントのオススメも致しません。

目的外使用されやすいと考えられるお薬

時折、お薬の本来の効能・作用と認められるもの(製薬会社等により確認・提示されているもの)以外の効果(副作用など)を目的とする、お薬の目的外使用が拡まってしまう事があります。これは個人輸入に限らず、病院で処方されたお薬、薬局で購入できるお薬やサプリメントにも同様に起こる問題です。当店では少しでもこのようなお薬の使われ方を減らすよう、

  • 目的外使用を指南するような内容
  • 目的外使用の体験談や口コミ

を掲載しないようにしております。

 

いかがでしたでしょうか?もし

「つまんないお店だなー。欲しいお薬置いてないじゃないか!」

と感じられた方は、残念ながら当店のサービス内容ではご希望にそえません。当店ではお役に立てませんので、他店をご利用下さいませ。

もし上記のようなポリシーにご共感頂ける方がいらっしゃいましたら、どうぞご来店下さいませ。上記取扱い不可の種類のお薬以外のものでお探しのものが見つからない場合は、お気軽にお問い合わせお待ちしております。

長くなってしまいました…。最後までお読み頂きありがとうございました。

 

 

 

地震・災害時に備え持病薬処方薬の備蓄・ストックを

元々、当店がお薬の個人輸入を通じて皆様にご提供できれば、と考えているのが

日々の病院通い、お薬の購入に関する様々な負担を軽減し、少しでも快適な生活を過ごして頂く事

があります。そしてもう一つ、力及ばずながら呼びかけを続けさせて頂いているのが、

災害時の医薬品不足による被害を少しでも小さくする為、特に持病のある方は日頃からお使いのお薬の備蓄・ストックをしましょう!

という災害時への備えです。

参考:防災グッズの常備薬・持病薬を点検しよう!

昨日(2018年6月18日)大阪北部で大きな地震もありましたので、改めて医薬品の備蓄について取り上げさせて頂きます。なお、以降は持病のない方等、特に当てはまらない方もいらっしゃる事をここに強調しておきます。災害発生時・緊急時は無用なものでも不安を煽って高価な値段で売りつける悪徳商法も増えますので、ご自身に必要な物・情報を冷静に判断してご検討くださいませ。

防災グッズの中に「いつも使っているお薬」を追加しましょう!

大きな災害が発生した際は特に、他の地域にお住いの方も含めてご自身の防災グッズ、防災準備の見直し・点検をされる方が増えると思われます。非常食、水、懐中電灯、ラジオ、携帯トイレ、着替え等、行政やNPOが作成したマニュアルもたくさんありますので、一般的な防災グッズについては準備万端の方も多いのですが、忘れがちなのが

いつも持病治療に使っているお薬。特に処方薬。

です。忘れがちというよりも、用意しておきたくても用意できない、という方が正確かもしれません。災害への備えとして持病のお薬を準備しておく場合、理想としては

  1. 外出時に携帯するお薬:外出先で被災し、交通機関の機能麻痺など、長時間に渡って帰宅できない場合にも十分な量のお薬。数日から一週間分は持っておきたい。
  2. 家屋の倒壊や火事の危険性などで緊急に家を離れなければならなくなった際に家から持ち出すお薬:避難所生活になり家に当面戻れなくなった場合でも十分な量のお薬。防災袋に入れておくと良し。一ヶ月分は持っておきたい。
  3. 交通機関のストップなどによる外出困難、または医療機関や医薬品の物流ルートが機能不全になった場合:インフラ復旧までに十分な量のお薬。一ヶ月分は持っておきたい。

この三種類分くらいは普段から備蓄しておきたいものです。しかしながら、

持病のお薬を備蓄するのが大切なのは分かってるんだけど、お医者さんに沢山出してください!って頼めないし無理。

という方がほとんどかと思われます。あるいはこんな方も。

私の持病はいつも調子が悪い訳ではなく、ストレスの溜まった時、特定の季節など不定期にしか発症しない。だから症状が出てからでないとお薬を貰えない。

病気の程度や治療内容、処方されているお薬の量によって多めに出してもらえる場合、次回受診時までにきっちり使いきれる分しか処方してもらえない場合、様々かと思いますが、日本の病院・薬局のルールでは「備蓄したいので」という理由であっても融通がきかない事が多いようです(悪用する人もいるので、致し方ない所もあるのですが…)。

そういう時は、当店のような海外からの個人輸入サービスを利用して、お薬をネット通販で購入するという事も一つの選択肢になるかと思います。医薬品は比較的保存がきくものが多いですので、便利に使って頂ける方もいらっしゃるかと思います。

持病のある人は、災害時に何が困るか?をシミュレーションしよう

あまり何もない内から不安を煽るのは本望ではないのですが…、持病のある方にはむしろ心に余裕のある平常時にこそ「災害時、自分は何がどういう風に困るだろうか?」と具体的にシミュレーションしておいて下さい。一般的な災害マニュアルに載っているのは、あくまで平均的に考えられるトラブルやそれに対する対処法です。あなたの個別の病状(どんな時に症状が出やすいのか)やお住いの地域の条件、医療環境を考慮したものではありませんので、あなた自身で考え、備えておく必要があるのです。

以降は実際の阪神淡路大震災、東日本大震災、熊本大地震などで被災された方に起こったお薬関して困ったケースです。シミュレーションのご参考までにご覧ください。

  • いつも服薬しているお薬の製造工場(日本国内)が被災し、長期営業停止。お薬の供給量が不足した為、重症患者に優先的に処方され、一部処方されない患者さんはお薬のない状態の不安も重なり、症状を悪化させるケースが続出。
  • 出勤中被災し、帰宅難民に。毎日定時に飲んでいるお薬を十分量持ち歩いておらず、服薬が何度か飛んでしまった。その後、症状が悪化。
  • 通院先の病院・薬局・医療関係者が被災し、お薬を貰えない状況が続いた。
  • 通院先までの交通機関が麻痺し、病院・薬局に行けない状態が続いた。
  • 被災し、避難所での生活を送ったが、医師・薬剤師・保健師・医薬品が不足し、十分な治療ができず症状が悪化した。
  • 平常時は大きな症状は出ないが、災害発生によるストレス、避難所という環境の変化、これからの生活への不安が重なり、持病が再発したり、発作が出たりして症状が悪化した。

他にも色々あるかもしれませんのでぜひこの機会に想像してみて下さい。

と、このように書くと日本の医療体制が十分でないように思われるかもしれませんが、常より海外の医療事情を見ている者からしますと、世界の他の国に比べても健康保険制度を含めて、日本の医療体制は非常に充実している方だと思います。それでも、災害など緊急事態には全ての医療にサポートの手が回らないのが現実であり、災害の恐ろしさでもあります。

また、一人一人ができる範囲でお薬を用意しておく事で、本人ばかりか、災害時に緊急で医療・お薬を必要とする他の人の分に少し余裕ができ、被害拡大・パニックの予防に貢献できるかと思います。

人間、誰しも忘れやすいので、平常時に災害シミュレーションをするのは本当に難しいです。自戒を込めて、本日の投稿の結びとさせて頂きます。

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

お薬の正しい飲み方はどこで調べたら良い?誰に相談すれば良い?

お薬の正しい飲み方はネットで調べれば安心?

さて、みなさんは普段、お薬の正しい飲み方・使い方をどうやって確認してらっしゃいますか?

ネットで検索すれば出てくるからオッケー!

という方、最近では多いようです。

確かにスマホとネット接続環境さえあれば、たいていの情報はググれ(インターネットで検索でき)ますもんねー。若い人だけかと思いきや、現在では中高年の方もネット検索を活用されている事が多いようです。中高年の方はネットなど使わない、というのは今は昔となったようです。

実際お薬の名前などをもとに検索をしてみると、一般医薬品だけでなく医療医薬品(病院で処方される種類のお薬)でも出てくるわ出てくるわ…。服用方法、使用方法、作用効能、副作用、飲み合わせ、禁忌などなど。情報も盛りだくさんで、メーカーや有名な病院の先生、分かりやすい解説をしてくれる薬剤師さんが書いた内容もあったりして、これで大丈夫!となりそうです。

お薬の飲み方グーグル検索結果例
お薬の飲み方をグーグルで検索した結果の一例。膨大な情報が表示されますが、果たしてこれは正しい情報なのでしょうか?

でも、今一度確認してほしい事があります。

検索して調べた結果は、「あなたの病状・体調にとって正しい飲み方・使い方」でしたか?

人それぞれ異なるお薬の「正しい」飲み方・使い方

お薬にも色々な種類やレベルがありますが、病院で処方されるタイプのお薬(医療医薬品)については、

必ず受診の際、医師・薬剤師に服用方法・使用方法・副作用・その他注意事項を確認して下さい。

なぜなら、

お薬の飲み方・使い方・副作用・注意事項は人によって異なるから

です。

ネットで検索された説明や添付文書はあくまで一般的・平均的な使用方法や副作用について書かれたもので、あなたの病状や体質を考慮したものではないからです。お薬は、人によって効果を発揮する使い方が異なります。お医者さんはあなたを受診した結果を受けて、お薬の種類・使用量・使用頻度を判断し、処方の際もそれぞれの人にあったリスクや副作用を説明しています。

ですので、病院で受診した際はたとえお医者さんが忙しそうであっても、尋ねるのが面倒だと思っても、正しいお薬の使い方がわかるまでしっかり医師・薬剤師の説明を聞いて帰ってきて下さい。ご自身の使うお薬をマスターするのです。ちゃんと情報を入手してから帰って来ないと病院代が損ですよ!帰ってネットで調べても、そこに本当にあなたに合った情報は載っていません。

個人輸入サイトには正しいお薬の使い方・飲み方は載っていません

さて、ここまで来ると当店がお薬の飲み方・副作用を掲載していない理由が分かって頂けるかと思います。また個別に「飲み方を教えてほしい」「どの薬がいいか提案してほしい」と聞かれても、頑なにお断りしている理由も分かっていただけるかと思います。

そうです、個人輸入サイトは

お薬の飲み方・使用方法・副作用の掲載が禁じられている

のです。

たしかにお薬の飲み方や副作用が書いてあると便利ですが(実際違反して掲載してしまっているサイトが多数あるのが現実です)、病院処方薬についてはこのルールを破ってしまうと誤ったお薬情報(お客様には当てはまらない情報)をお客様に提供し、危険な目に晒しかねません。

という訳で、

面倒でも手間がかかっても、お薬の正しい飲み方・使い方・副作用はネットではなくまず医師・薬剤師に直接確認して下さい

逆説的ですが、インターネットのお薬個人輸入を安全に・便利に活用できるようになるためには、まず最初はこの「病院受診・正しい情報確認」というアナログで不便なステップが必要なんです。

「ネットの情報間違ってるやん!騙されたー!」という方が少しでも減ってほしいと切に願っている一個人輸入に関わる者からのお願いでした。

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

 

 

 

同じお薬に色々な名前や形があるのはなぜ?同じものなの?

白カプセル薬シート
お薬って似たような見た目と名前が多いですね。どうすれば間違えずに選べるのでしょうか?

お薬をお探しのお客様から多いご質問が、

「日本の病院でお医者さんに処方してもらったお薬で、xxxという名前の、オレンジ色の5mmくらいの大きさの錠剤のお薬が欲しいのですが、ありますか?」

というもの。普段使い慣れたお薬。お手持ちのお薬を見ながら同じものが欲しいという事でお問い合わせ頂いたのかなーと思います。しかし大抵の場合、心苦しくも

「申し訳ございません。そのお薬はお取り扱いがございません」

とお応えする事に。なぜでしょう?

一種類のお薬が複数の名前・形・色・メーカーで発売されている

お薬には大きく分けて

  1. 先発薬(オリジナル)
  2. 後発医薬品(ジェネリック)

が存在します。

まだ開発されて間もないお薬の場合ですと先発薬のみ、もう何十年も使われて普及しているお薬の場合は沢山の後発薬(ジェネリック薬)が存在し、中にはメーカーがなくなったり合併するなどして先発薬がもう販売されていないものもあります。

お薬の販売名(商品名)はメーカーごとに設定されますから、同じ成分と量のお薬(つまり効能として同等とみなされるお薬)であっても、販売しているメーカー数分お薬の名前が存在する事になります。もちろん名前のみならずお薬の色・形・大きさ・パッケージデザインもメーカーや販売時期ごとに異なります(ややこしいですね!)。

日本で販売されているお薬の名前の特徴

ちなみにお薬によって状況はまちまちですが、日本で発売されているお薬によくあるネーミングはこんな感じです。

  1. 先発薬:メーカー独自の商品名である事が多い。最初に開発した者の誇りです!
  2. 後発薬(ジェネリック薬):成分名(ジェネリック名) + 「どこのメーカー製か分かるようなメーカー名の略称」

海外で販売されているお薬の名前の特徴

海外で販売されているお薬になりますと、さらにお薬の名前・見た目のバリエーションが増えます。こちらもお薬や販売国によってまちまちですが、一般的なネーミングの傾向はこんな感じです。

  1. 先発薬:メーカーオリジナルの名前である。但し、多国籍製薬会社が発売する有名なお薬であっても、販売先の国で「覚えにくい音」「悪い意味を持つ音」が含まれる名前の場合は、国や地域に配慮して商品名が変更される場合がある。
  2. 後発薬(ジェネリック):日本のように成分名をそのまま付ける事もあるが、先発薬名や成分名を一部文字って同じ種類のお薬である事を表現したものも多い印象です。

なお海外医薬品の見た目については、日本のものより派手だったりシンプルだったり、これもそれぞれのお国柄が反映されたデザインとなります。それゆえ慣れない内は「これ本当に日本で貰っていたのと同じお薬なの?」と疑問を持たれるのも無理はありません。

欲しいお薬を探すコツ

こういった事情から、海外からの個人輸入を利用される場合、冒頭のように

「日本で処方してもらっているのと全く同じ名前と見た目のお薬が欲しい!それでないと安心できない!」

というご要望にはお応えできないんです、すみません。仮に全く同じメーカーの商品のお取り扱いがある場合でも、商品名やパッケージが異なる事が普通です。

では欲しいお薬を見つけるにはどうしたら良いのか?ご希望のお薬について次の内容を確認してみて下さい。

  • 成分名:日本語でもOK。英名の表記が分かる場合はなお調べやすくなります。
  • 容量:錠剤の場合であれば一錠あたりに含まれる成分の量。mgや%など様々です。
  • 剤形:錠剤、カプセル、貼り付け剤、スプレーなどお薬のタイプです。

多くの場合はお薬手帳やお薬処方の際に薬局から発行された用紙に記載があります。それでもわからない場合は、書籍のお薬辞典やメーカーが発行している添付文書などで正確に調べる方法もあります。

このように普段必要なお薬について見た目以外の情報をまとめておかれますと、病院やお医者さんの担当が変わった時、海外でお薬を処方・購入される時、個人輸入を利用される場合などに正しく希望を伝えるのに非常に役に立ちます。またご自身が服用されているお薬への知識と理解も深まるかと思われます。

ぜひ皆さんも一度チェックしてみて下さい!