そもそもインターネット通販の何が良かったのか?-荒れたネット通販を反省する

年を経て、なんだかスレてしまったインターネット

Windows95が登場して一般家庭にパソコンが広がり始めて20年ちょっと。iPhoneが登場してスマホが普及し、いつでもどこでもネットで繋がるライフスタイルが普及し始めて約10年。そしてスマホと共に爆発的に広まったSNSの歴史もおおよそ10年。年月を経て、インターネット(IT)の変遷を知る中高年が往時のインターネットについて語る『インターネット老人会』まで登場しました。

そう言ったインターネット老人(?スタッフもですが)から漏れて来る声が

最近、インターネットひどくなったな…

という苦言。もちろん昔を懐かしんで「新しいものなんて!若いもんなんて大したことない!」と強がる気持ちも多少あるでしょうが、それだけでもないようです。

  1. ネットを使う人が爆発的に増えた。当然、人が多い所にはお金も集まるのでビジネスチャンスを求めて人が押し寄せた。→インターネット=ただのお金儲けになってしまった。
  2. 激しいネット競争の中、お金儲けの為なら手段を選ばないサイトや企業が増えた。→インターネットコンテンツの質が劇的に下がった。
  3. 競争の結果、多くの場合お金儲け主義のモラルのないサイトや企業が勝ち残った。良心的なサイトやサービス、中小や個人で運営されているユニークなサイトは資金面でもモラル面でも荒っぽい金儲け競争に対抗できず衰退した→インターネットコンテンツの個性・多様性がなくなった。一度競争に勝敗がつくと大手の独占状態・寡占状態となった。
インターネットも年を取って随分性格がスレてしまったな。これまでよき友人で楽しかったんだが、最近はできればあまり付き合いたくないな…。

という感じでしょうか。

ネット通販ショップも、長くやっているとやはり同じ傾向を感じます。そこで今回は今一度原点に立ち戻って、どういうネット通販ショップが望ましいかな〜という事を、当店のポリシーも含めて考えてみたいと思います。

そもそもインターネット通販の何が良かったのか?

自分の好きな時に自分のペースで買い物できる。じっくり購入を検討できる。

実店舗だと営業時間帯やその日のお天気、お店に行くまでにかかる時間や交通費を気にしながらのお買い物。ネット通販だと忙しい時でも好きな時に好きな場所でお買い物ができます。また買い物検討中何度も来店して店員さんに顔を覚えられて恥ずかしいとか、値札や商品の内容を時間をかけてチェックして、本当に必要かどうかじっくり考えたいんだけど、商品について質問しちゃうともう買わなきゃいけないモードになって断れない…とかいう余計なストレスもありません。

が、現在のネット通販ショップでは「とにかくバンバン売るぜ!」という傾向が強く、

  • 期間限定、タイムセール開催中!や今ならポイントxx倍でとにかく購入を急がせる。
  • xx時間以内に同じ商品を買ったお客様がxx名います、在庫残りわずかです、と表示して焦せらせる。
  • 何も聞いていないのに、商品についてご質問はありますか?と店員へのチャット相談をすすめて来る表示をしつこく出す。

というように、お客さんのお買い物のペースを乱すような販売方法がかなり多く見られます。確かに押されると買ってしまう、断れない方も多く、このような方法の方が売れるのだと思います。が、当店ではお買い物に際してお客様に無用なプレッシャーをかけたくないと考えていますので、「購入を急かす」事やそういったサイト作りは極力避けています。

お客様が購入を検討する時間、購入を決めるタイミング、質問をするタイミングを邪魔しないネットショップ

これが望ましいと思います。

店員さんとほとんどコミュニケーションを取らなくていい

実店舗が苦手な人に多いのが、店員さん・お店とのコミュニケーションが鬱陶しいという人。落ち着いて買い物をしたいので、店員さんに話しかけられたくないと思った事、ありませんか?

  • 一般的に今人気の商品など、自分にはどうでも良いものまで紹介され、購入をすすめられるのが鬱陶しい。
  • これまでの来店履歴や購入金額、購入内容、来店時の身なりや雰囲気といったお客さんのプロフィールを元に、お店の接客態度が変わる。出してもらえる商品の内容もお客さんごとに変わり、差別されるのでお店に気をつかう。
  • 商品知識やセンスのない店員さんが、お客さんに合わない的外れなおすすめをしてきてストレスが溜まる。

うーん、皆さん一度は経験されているんじゃないでしょうか?

しかしこの実店舗のお客さん側からするとデメリットな、お客さんの声を無視した販売方法、残念ながら現在はネット通販ショップの世界にも色々な形で入り込んできています。

  • DM(メールマガジン)やサイト内の派手派手しい表示で人気商品、お店が売りたい商品をどんどんすすめて来る。サイト閲覧・買い物を続行しようとすると嫌でも目に入る。
  • 購入履歴やページの閲覧履歴を監視し、お客さんのプロフィールによってサイトに表示する内容を変えたり、サービス内容に変化が出たりとお客さんを差別している。
  • コンピューター(AIも)が判断した的外れのあなたへのおすすめ商品、関連商品が画面のあちこちの表示される。メルマガでもこのレコメンドがジャンジャン送られて来る。
  • ショップの検索や閲覧を行う内に、グーグル等検索サービスの表示にも沢山関連する広告が出て来るようになる(あるサイトを閲覧・利用した事が、他のネット利用時にも影響する)。

せっかくコミュニケーション不要な機械を相手に買い物をするのに、これだけ監視・干渉されると買い物に疲れますよね。当店でも、せっかくネット通販なのだから、できるだけサラッと。お店にごちゃごちゃ干渉されず必要な買い物に集中して頂きたいという思いがあり、上記のような方法は避けています。

お客さんに押し売りしない。接客態度に差別のないネットショップ

こんなお店が良いですね。


以上、すっかり荒れてしまったインターネット界で望まれるネットショップの姿を考えてみました。日頃サイトを運営する上で、「自分がお客さんだったらどういう風に買い物をしたいかな〜」という事を想像しながらサービス内容やサイト内容に反映していっています。もちろんスタッフの買い物の好みも反映されています(^^;)結果かなり簡素で地味である意味そっけない作りになっておりますが、もしこういうシンプルなお店が合うという方は、またぶらっと覗いてみて下さい。

 

 

台風21号、北海道地震(平成30年北海道胆振東部地震)による個人輸入への影響について

(2018年9月7日午前更新)

今週発生しました台風21号、及び北海道地震(平成30年北海道胆振東部地震)にて被害に遭われた全ての方に心よりお見舞い申し上げます。

引き続き停電や交通インフラ等の復旧、被災者や被災地域の救助・支援のため日本国内外の物流、医療サービス体制などにも乱れが見られるかと思われます。復旧支援に当たられている方には心より感謝申し上げます。どうぞ支援者の方ご自身にもご無理のないようお体ご自愛下さいませ。

まずは当店をご利用のみなさまへ、おくすりショップのサービスへの影響の有無など状況をお知らせ致します。

  • お荷物の配送状況:今回大きな被害のあった関西国際空港、新千歳空港を経由するお荷物はないため、国際郵便に関して特にお荷物の配送に影響は出ておりません。ただし、特に被災地域を中心に通行止めや渋滞などで日本国内での輸送に通常よりお時間がかかる可能性が考えられます。当店からの発送後、必ず追跡番号を元にお荷物の配送状況をご確認頂き、日本到着後なかなか配送が進まないなどご不明な点がございましたら最寄りの郵便局か、または日本郵便よりお問い合わせ下さい(一部お問い合わせ中止の場合もあるようですのでサイトにて最新情報をご確認下さい)。
  • 当店から返事がない、メールが送受信できない、サイトを閲覧できない:今回広範囲で停電が起こった事、また通信アクセスが集中した事などにより、ご利用の環境によっては一時的に当店のサイトをご覧頂けない、当店とのメールのやり取りをうまく送受信できない、という可能性が考えられます。その場合は大変お手数で申し訳ございませんが、時間帯や接続環境、メールアドレスを変えるなどして再度お問い合わせ・ご注文頂けますようよろしくお願い致します
  • 入金が間に合わない・お届け先を変更したい:災害の影響でお忙しく入金期限に間に合わない、または急遽出張・移動となったので受け取り先の住所を変更したいという方は、一度ご相談下さいませ。入金前のご注文についてはご変更が可能です。
  • 医薬品の在庫状況:当店取扱のものについては特に不足する事もなく問題ございません。

その他気になられる事がございましたらお気軽にお問い合わせ下さいませ。

安全な薬個人輸入の為に取扱わない商品を決めています

安全な薬個人輸入の為に、取扱わない商品や表記に特に注意する商品を決めています

さて本日はおくすりショップのポリシーをご紹介させて頂きます。

近年ではお薬の個人輸入サイト数が乱立しており、グーグルの検索結果を見るだけではどのサイトが自分に合った雰囲気なのか、欲しい商品を取り扱っているのか分かりづらくなっています。

そこでご利用を検討頂く際のご参考となるよう、

おくすりショップが取扱わないお薬・商品

をご紹介致します。

個人輸入として取扱いしていない商品やお薬の種類

次のタイプのお薬は、これまでもこれからもお取り扱いしておりません。お薬の個人輸入として有名なものばかりですので、意外と思われるかもしれませんが、当店では買えません。直接問い合わせてみたら、実はこっそり裏から出して来た、という事も全くございませんので、必要な方にはあしからず…。尚法律で禁じられているものについては取扱い不可が当たり前、論外ですので敢えて掲載致しません。

参考:お薬の個人輸入と偽物問題について

ED治療薬/勃起不全改善薬

個人輸入といえばED治療薬、というイメージが拡がってしまっていますが、人気が高すぎる分、巧妙な偽物も出回りやすく、これまで日本への個人輸入でED治療薬に関するトラブルが多かったという報告も踏まえると、安全な商品をお届けする事が難しいと判断し、当店では取り扱っておりません。症状にお悩みの方にはお役に立てず心苦しいですが、どうぞご了承下さい。

また、ED治療薬は人には言いにくい悩みである事から、いわゆるコンプレックス商品として扱われ、正規品やクリニックでの受診であったとしても法外に高い値段で提供されたり、不必要な治療や商品まで勧められる危険性もあります。くれぐれもご注意下さい。

取扱い不可のED治療薬例一覧

  • 「バイアグラ」「バイアグラジェネリック(シルデナフィル/カマグラゴールド)」
  • 「シアリス」「シアリスジェネリック(タダラフィル)」
  • 「レビトラ」「レビトラジェネリック(バルデナフィル/バリフ)」

ナイトライフ/ラブグッズ

当店はお客様の一般的な通院・治療に関する負担を軽減する事を目標としておりますので、下記のようないわゆるアダルトグッズに当たるものは取り扱っておりません。

  • 媚薬
  • 精力強壮剤
  • ペニス増大サプリメント
  • 女性用バイアグラ
  • 潤滑剤
  • その他アダルトグッズとおぼしきもの

睡眠薬/睡眠導入剤

犯罪に悪用される危険性が極めて高い性質を持つお薬ですので、当店ではお取り扱いしておりません。

有名で人気の高い精神薬

精神薬の中にも色々ありますが、その中でも有名で需要の高すぎるものについては仮に輸入禁止となっていないものであっても、ED治療薬同様、悪質な偽物が出回りやすい、法外な値段で取引される、濫用の恐れがあるなど利用者の安全を確保する事が難しい為、お取り扱いしておりません。

一部個人輸入として取扱いがあるが、表記・取扱いに注意しているお薬や商品

AGA治療薬(薄毛治療薬/育毛剤/発毛剤)

近年薄毛については病院にAGA専門の外来ができるなど、病気として治療する、という意識も広まって参りました。当店でもプロペシア、ミノキシジルなど治療に使われる基本的なお薬をお取り扱いしておりますが、商品の基本情報(成分、価格等)を掲載する事に留め、薄毛の方のお悩みや不安を増幅するような表現や、過剰な効能を謳う体験談・口コミの掲載、他の不必要なサプリメントを勧めるなどの表現は行わないよう心がけております。

避妊薬/ピル

低用量ピル、緊急避妊薬(モーニングアフターピル)のお取り扱いがございますが、女性の「妊娠」という非常にデリケートな問題に関わるお薬です。ご利用者の安易な利用や誤った利用を避ける為、過剰な体験談や口コミの掲載、飲み方や副作用の掲載をしていません(お薬の飲み方・使い方を掲載しない・できない理由についてはお薬の正しい飲み方はどこで調べたら良い?誰に相談すれば良い? も併せてご覧下さい)。

性病(性感染症/STD)治療に使われるお薬

性感染症自体は誰しも発症する可能性はありますし、本来他の病気と比べて特別視するものではないのです。治療薬も、ほとんどの場合そこまで特別なものはありません。一方で性病治療が必要な人の

  • 性病になった事が周りに知れると恥ずかしい
  • 病院に行くのが恥ずかしい

といった気持ちを狙って、個人輸入の場でもコンプレックス商品同様、過剰な表現が目立つように思われます。

  • 「XXという性病にはXXXXという薬が効く!」といったように特効薬を謳う内容
  • 「XXXXというお薬でXXが簡単に治った!」というような体験談や口コミ
  • 「性病薬のXXXXの飲み方・副作用」のように具体的な使い方を示した内容

これらは治療をする人の不安な気持ちや誤った知識を深めかねませんので、掲載しておりません。

禁煙補助剤

禁煙は、あくまで自主的に進めるものですので、定期継続購入など無駄なオススメやアドバイスは致しません。

肥満治療に関係するお薬

一部の病気には肥満症状を伴うものがあり、治療の過程で減量(ダイエット)を必要とする場合があります。しかしながら肥満の治療(ダイエット)は美容目的と結びつきやすく、非常に誤解が多い為、過剰な効能の強調、体験談、口コミの掲載はしないよう心がけております。

美容に関係するお薬

美容は個人によって価値観が異なります。できる限りご自身にとって必要な範囲でご利用頂けるよう、過剰な効能の宣伝、口コミ・体験談の掲載はしておりません。また他の無用な美容グッズやサプリメントのオススメも致しません。

目的外使用されやすいと考えられるお薬

時折、お薬の本来の効能・作用と認められるもの(製薬会社等により確認・提示されているもの)以外の効果(副作用など)を目的とする、お薬の目的外使用が拡まってしまう事があります。これは個人輸入に限らず、病院で処方されたお薬、薬局で購入できるお薬やサプリメントにも同様に起こる問題です。当店では少しでもこのようなお薬の使われ方を減らすよう、

  • 目的外使用を指南するような内容
  • 目的外使用の体験談や口コミ

を掲載しないようにしております。

 

いかがでしたでしょうか?もし

「つまんないお店だなー。欲しいお薬置いてないじゃないか!」

と感じられた方は、残念ながら当店のサービス内容ではご希望にそえません。当店ではお役に立てませんので、他店をご利用下さいませ。

もし上記のようなポリシーにご共感頂ける方がいらっしゃいましたら、どうぞご来店下さいませ。上記取扱い不可の種類のお薬以外のものでお探しのものが見つからない場合は、お気軽にお問い合わせお待ちしております。

長くなってしまいました…。最後までお読み頂きありがとうございました。

 

 

 

お薬を個人輸入しているのってどんな人?

みなさんはお薬の個人輸入というとどんなイメージをお持ちでしょうか?

海外からクスリを入手する?怪しい物に違いない!

とか、

病院に行かずわざわざ海外から取り寄せるなんて、人には言えない恥ずかしいお薬でも買ってるんでしょー

こんな印象が多いでしょうか?

無理もありません。インターネット等で医薬品の個人輸入に関連して出てくる口コミやサイトには、

  • ED治療薬
  • 精力剤
  • ダイエット薬
  • 育毛剤
  • 精神薬
  • 性病の薬
  • サプリメント

などの言葉があふれかえり、どうしても派手でいかがわしい雰囲気を感じざるを得ません。ちょっと花粉症の薬を探していただけ、の人にとっては「これは自分の利用するべきサービスではないんだな」と利用を断念されるかと思われます。

お薬を個人輸入で買っている人-そのリアルな姿とは?

ここからは当店に限ったお話となります。あくまで一例としてお読み頂ければと思います。

10年以上にわたり個人輸入を利用されるお客様と接してきて感じるのは、一般的な個人輸入やその利用者に対する上記のようなイメージは、当店ではほとんど当てはまらないという事です。

元々、当店のポリシーは次の通りです。

  • 一般的な通院の中で病院で処方されるお薬を提供する:通院に関する費用や時間の負担を軽減する事を目的にしています。
  • 必要なお薬はお客様ご自身に判断頂いて購入してもらう:不要なお薬をオススメしたり、勝手に診断したりしないようにしています。
  • お客様の不安を煽るなどして無理矢理押し売りしない:いわゆるコンプレックス商品のように極端な需要を煽るものは、極力取り扱わない、あるいは極端な表現を避けるよう心がけています。

お客様からのお声やご利用状況から、下記に代表的なご利用イメージをご紹介します。

持病治療中。病院に行く時間がない

病気というとご高齢の方の問題、というイメージが強いかもしれませんが、実際には若い方、中年期の方にも長期継続的に服薬治療が必要な持病(アレルギー、高血圧、各種ホルモン治療等)をお持ちの方が沢山いらっしゃいます。これらの方々はお仕事、学業、家事、育児、介護、看護など通院に時間の割けない場合も多く、ネット通販のような形でお薬の個人輸入を利用されています。

不便な場所に住んでいる、病院・お医者さんに恵まれない

このところ地方の過疎化が急激に進み、都市部と地方で医療の質にも格差が拡がりつつあります。お住いの場所によっては通院に便利だった病院が廃院になったり、かかりつけの開業医の方がご高齢で引退されたりと、症状や生活スタイルに合わせた治療や通院が困難になってしまうケースが多いようです。とは言え持病の治療は待ったなし。必要なお薬を個人輸入で確保されています。

引っ越し・出張・転勤など移動の多い生活をしている

お仕事の関係で長期の海外出張や転勤、引っ越しなどが多く、常に予定が定まらず移動しているため、落ち着いて通院する事が困難な方もいらっしゃいます。こういった方で持病がある場合は本当に苦労されます。お薬に限らず、ネット通販の活用は必須とも言えます。

病院が嫌い・苦手、保険診療を受けたくない

中にはこんな方々も。病院の待ち時間が長い事、医師・看護師・薬剤師とのコミュニケーションが苦手な事などからそもそも病院に行きたくない、というタイプの方もいらっしゃいます。

また日本の医療費膨張、社会保障制度の破綻など日々のニュースに敏感で、意識の高い方は、「自分くらいは病院にかからず、保険診療も受けないでおこう」と考えられ、最低限体調を維持するのに必要なお薬だけ個人輸入で購入される方もいらっしゃいます。

以上をまとめますと、

  • 持病治療中の方が圧倒的に多い。通院できない事情がある。
  • 医療の進め方や自身の健康について、はっきりとした意志がある方が多い。

という感じです。いかがわしい雰囲気とは無縁です。

いかがでしたでしょうか?当店ご利用のお客様に限った事例ですので、他の個人輸入のケースには当てはまらない事も多いかもしれませんが、ご参考になりましたら幸いです。

最後までお読み頂きありがとうございました。